カバーピクチャー

学術雑誌のカバーピクチャー(cover picture)科学イラスト作成、論文のフィギュア(Figure)、発表の映像、ホームページ制作サービス。材料、生物、物理等、化学ジャーナル向けのカバーアート候補を3DCGにてデザインを制作します。 表紙(Front cover)、 バックカバー(Back cover)の掲載実績を紹介しています。

2019-03-01から1日間の記事一覧

3Dソフト Shade(シェード)

論文のカバーピクチャー(cover picture)やフィギュア(Figure)の作成でも良く使用される 純国産の3DCG制作ソフトウェアShade(シェード)3Dのご紹介です。 3Dソフトの中では安価で導入し易くプロダクト業界に加えて個人でも使用されている場合も多いソフトで…

論文 表紙 デザイン

論文の表紙(Front cover)、 バックカバー(Back cover)のデザインはまず雑誌の掲載傾向を調べる所から始める方が良いかと思います。雑誌ごとに好みがありScidenceやNature等は質感が重視され高クオリティが求められます。制作会社に依頼する場合はまず資料を…

cover picture 論文

論文の印象を大きく与えるカバーピクチャー(cover picture)は主に3DCGで制作されます。その理由は後から角度等、微調整がし易いメリットがあります。相場は10万から20万くらいの制作費となります。格安料金での制作はクオリティに満足できない可能性が高くな…

論文 カバー アート 

論文の印象付けに大切な表紙画像(カバーアート / cover art)は、論文読者の記憶に残る大切な要素です。論文がアクセプトされる事も大事ですが自分の論文がジャーナルの表紙を飾れば大変名誉な事であり、画像でインパクトを与える事で、より論文に興味を持っ…